ぐりぐりです。 大浦中学校近くで洋食を中心としたお店です。 まずは、ご近所さんに愛される憩いの場になれるよう頑張ります!

2019年01月17日

1月17日の記事


こんにちは!

15・16日と、私ぐりママの誕生日にお祝いのbirthdayカードやメールなどありがとうございましたm(._.)m

15日にぐりぐりに来てくださったお客様・・

お客様というか今回は友達といった方がしっくり来ますね。

お誕生日をお店のイベントとするならば、それは静かな1日でした。

人気ギャバ嬢が見たら、なんじゃ、この人気の無いママさんは?!

と思われる状況だったかもしれません。

ですが、カウンターに来てくれた我が友は本当に 何の駆け引きもなく《おめでとう!》と言いに来てくれた人ばかりで、心が温まる幸せな誕生日でした。

LINEのbirthdayカードも、思いの外、嬉しいものですね。
今後、私も誰かのお誕生日には送ろう!と強く思いました。

そのbirthdayカードの中に10年近く連絡をとってなかった人からのメッセージがありました。
連絡を取ってなかったので、アカウント名も覚えがなく

『だれ?だれ?Σ(゚Д゚;≡;゚д゚)』

状態で。

アカウントの写真をグーっとUPして『(゚〇゚)!あの子や!』
となり、10年ぶりくらいに連絡を取りました。

あの子というのは私が和食料理屋さんで女将補佐として働いていたときに、学生バイトで来ていた子です。

なので、学生から大人になってるので、写真を見てもすぐにはわかりませんでした。

携帯の進歩により写真をグーっとUPにできて良かったです。

ベルを初めとする全ての発明者と開発者に御礼申し上げます。

その職場の元バイトの子から他にも数名カードが来てましたね、ありがたい事です。
こんな何の特徴も面白味もない、常識的かつ真面目な私を忘れないでいてくれて。

なんや?( ・`д・´)文句がある奴かかってこい!!

ハッ!すみません、私としたことが。

彼女たちの話を続けましょう。

立派に社会人になってキャリアを積んでいたり、結婚して子どもがいたり、結婚が最近決まった子もいました・・皆が幸せで私も嬉しい限りです。

プレゼントですが、ある夫婦からは黄色いチューリップを戴きました。
実は私が1番好きな花《黄色いチューリップ》なんですよ。

花を戴く事が無さすぎて、私自身忘れていましたが。
若い頃は好きな花は?と聞かれると必ず《黄色いチューリップ》と答えていました。

今年の誕生日は久しぶりに思い出す事が多かったですね。

マスターの兄やんの絵画も久しぶりに見ましたしね。

絵がすこぶる上手なマスターの兄やんですからね。
上手だと思うでしょ?

まぁ、ビックリするくらい下手なんですよ。

是非、皆さんにも見てもらいたいんですけどね。
う~ん今度、承諾を得ましたらUPしたいと思います。

私の画力がマスターと兄やんの間です。
第2位です。

2位と3位は激戦でしたが、イカと鯵の絵で私が勝ち取りました。

改めまして、第2位のぐりママです。宜しくお願いします。ケーキもごちそうさまでした♪

それからこの3年間、毎年エプロンを下さるご近所奥様。奥様というか、会長(笑)
いつもありがとうございます。

娘夫婦からはモコモコ半天♪
秋くらいに断捨離で半天棄てて困ってたんだよな~秋は暖かくていらないと思ったんだけど、冬は寒いですからね、助かりました。
ねぇ、私バカなの?

あと、昨日16日の定休日にお店のポストにお手紙が入ってましたよ。
マスターの後輩君の娘さん(小学低学年生)からでした。

お祝いのお手紙とシールが入ってました。
これは!大事なシールだったんじゃないのかしら?いいのかしら?

かわいい(T∀T)

このお手紙も自分の子どもたちが成人した今となっては、懐かしく感じるものでした。

いやいや、本当に色々とありがとうございましたm(._.)m


今後とも精進しますので、宜しくお願い致しますm(._.)m

ちなみにマスターからはいつも通り何もプレゼントらしきものは無かったですが《バカまかない》がハンバーグでした\(^-^)/


追伸:
この度、新しくブログをもうひとつ開設しました。

こちらは、お店とは関係なくプライベートな事を書いていこうと思っています。

興味がある方は LINE BLOG
で検索してみてください。

ブログのアカウント名は
『花街ロック』
です。

何故にこの名前か?など疑問を解消できる内容を初回は書いております。

LINE BLOG『花街ロック』

こちらはタイムラインなどには共有しませんので、読みたいな~と思われる、類い稀なる奇特な方はフォローしていただければ幸いです。

宜しくお願いしますm(._.)m




上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。